新型コロナウイルス感染症対策について

お客様自身の安全を確保するため、また、名護市地域への感染拡大を防ぐため、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

予約~当日までについて

  • ツアー当日前 2 週間に、新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者との接触がなかったか、状況を確認いたします。
  • ツアー当日までに、感染の疑われるような場所(3密の状況)に行かないなど体調管理、感染対策をお願いいたします。
  • ツアー当日、出発前に各自検温をしていただくようお願いいたします。37.5 度以上の発熱症状がある人がグループ内に 1 人でもいる場合は、グループ全体のツアーへの参加をお断りいたします(ただし、キャンセル料はいた だきません)。
  • 発熱症状以外の体調不良(咳が出る、倦怠感、息がしにくい、頭痛、嗅覚味覚異常 等)がある場合は申告し、無理して参加しないようお願いいたします。

ガイドについて

  • ガイドは毎日 2 回(朝・夕)検温を行い、体調管理を徹底しております。ツアー当日検温で 37.5 度以上の発熱 症状がある場合、ツアーは中止とさせていただきます。その際は速やかに参加者へ連絡し、延期等の手続きを取 らせていただきます。キャンセルとなった場合、キャンセル料はいただきません。
  • ガイドがPCR検査等を受け、新型コロナウイルス陽性と判断された場合は保健所の指示・調査に従います。その際、お客様とどのようなツアーを実施したのか、お客様の個人情報等に留意し保健所に情報提供をする場合がありますので、予めご了承ください。

ツアー全般について

  • ガイドは常にマスク着用を原則とします。ツアー参加者も受付時はマスクの着用をお願いいたします。
  • ガイドと合流した際、最初に手指の消毒を行っていただきます。
  • 参加申込書兼同意書に「当日の検温の結果、37.5 度以上の体温のある参加者はいない」「感染者や濃厚接触者との接触が直近 2 週間にない」ことを確認、同意、サインをいただきます。
  • ガイド、参加者が直接触れる道具に関しては、使用前・後にアルコール消毒をします。
  • ガイドはマスク、消毒液を常に携行します。
  • ツアー中のマスクの着用について、可能な限り着用へのご協力をお願いします。ただし、熱中症や息苦しさ等、状況や体調の変化により着用が難しい場合は適度な距離をとった上で、マスクを外すことをおすすめします。ガイドはできるだけ常時着用を心がけます。ただし、夏場など熱中症の危険がある場合は、参加者との距離をとった上でマスクを外すことがありますのでご了承ください。
  • ツアー中、人と人との距離は最低 1.5 m とします。近接する場合(例、捕まえた生き物を見せる場合など)はマスクを着用するなど対策をとります。
  • ツアー中飲食を伴う場合は、アルコール消毒による手指消毒の徹底、適度な距離をとった上での飲食を心がけま す。
  • 公共施設、他事業者施設を利用する場合は、その施設の新型コロナウイルス感染症対策を守ります。

シーカヤック、マングローブカヤックについて

  • レクチャー時は最低 1.5 m の距離をとります。
  • 乗艇、降艇の際は近接するため、ガイドは必ずマスクを着用します。
  • 最低 1.5 m 以上の距離をあけてツーリングします。休憩中など近接する場合、マスクを着用します。
  • 参加者とガイドが同乗する場合は、ガイドは必ずマスクを着用します。

ハイキング、リバートレッキング、マングローブトレッキング、街なか歴史散策、ナイトハイクについて

  • 動植物などを見せる際はマスクを着用し、近接に気をつけます。
  • 一列になって歩く際は、最低 1.5 m 以上の距離を開けつつ、先頭と最後尾の参加者が離れすぎないよう気を配り ます。

ツアー参加後

  • ツアー参加後 2 週間は、体調の変化にご注意ください。

 

令和2年5月23日作成

令和3年2月14日更新

おきなわさんぽ 代表 吉田岳人